オススメのカードローンはこちらです

電話確認の際に不信感を持たれないように

キャッシングやカードローンを利用することになった場合、電話での確認は絶対に行われることになります。この確認をしているときに、不審な言動を行った場合、もしくは確認している状況と違うことを話した場合は、その時点で審査に落とされてしまいます。申し込み内容と違うことを話してしまうことは、どのような申し込みをしているのかわからないので、別人と判断されて落とされてしまうのです。

ここで注意しなければならないのが、不審に思われないようにする回答をすることです。基本的には、自分で申し込み内容を話すか、相手側が内容に沿って話をすることになりますが、どちらの場合でも申し込みをする内容は覚えておかなければなりません。明らかに違っていることがあるなら、それはカードローンの会社はおかしいと思ってしまいます。偽装しているとか、もしかしたら別人が話をしているのかもしれないと思われるので、電話をすぐに切り上げて審査落ちになります。

普通に申し込みをしているなら、そもそもこうした問題は起こらないケースが多いですし、間違ったイメージを持たれることもありません。自分の個人情報くらいは、すべて覚えておくようにして、間違ったことを伝えないようにします。



このページの先頭へ